03-5209-8211

News
ニュース

「プライバシーマーク」更新について
2019年7月23日

2011年に取得して以来維持しております「プライバシーマーク」について、この度更新申請が認められました。

 

社員証などのIDカード、名刺等の製造を担う者として、今後より一層の安全対策と情報管理の徹底に努めてまいります。

プライバシーポリシーについて

7/13-14 紙博 in 東京 vol.3
2019年7月10日

今週末に開催されるオシャレな紙雑貨好きが集まる一大イベント「紙博 in 東京」に、弊社プロデュースのデザインステーショナリーブランド「Kumpel」が今年も出店させていただけることになりました。

 

大正時代から伝承するきっぷ印刷の技術を活用して様々な文具・雑貨を展開しておりますので、是非お立ち寄りください。
今回の紙博に合わせてリリースする新商品も多数ございます。

 

なお、紙博においては「手にした人に驚きや感動を届けてくれる紙のプロダクト」を表彰する「紙もの大賞」が行われ、100近くの出展ブランドの中から、Kumpelの新商品「Fahrkarte Notizbuch」(硬券乗車券を表紙にしたノート)がノミネートされています。
会場内でノミネート作品が展示され、Kumpelブースでも販売しておりますので是非ご覧ください。

本物の硬券乗車券用紙を使い、きっぷをモチーフにしたデザインの表紙。 右上にはきっぷの特徴であるシリアルナンバーも刻印。

 

【開催概要】

◎紙博 in 東京

開催日時:7月13日(土)10:00〜17:00/14日(日)9:00〜17:00
会場:東京都立産業貿易センター台東館4階、5階展示室 (地下鉄・東武線「浅草駅」から徒歩5分)
入場料:500円(小学生以下無料)
イベント公式サイトはこちら

kamihaku

特殊な偽造防止を講じた地域振興券・商品券
2019年6月25日

近年、全国の自治体・商工会・商店街などから発行される地域振興券・商品券などの製造に関するご相談を多くいただきます。
地域振興券・商品券は有価証券であり、かつ広く流通していますので、本来であれば紙幣に近いレベルの偽造防止措置が講じられているべきですが、その点がどうしても軽視されがちで、偽造事件は後を絶ちません。
 

弊社は地域振興券・商品券をはじめとした有価証券の製造を専門にしておりますので、偽造防止措置については幅広い選択肢を有しており、お客様の用途に合わせた最適な仕様をご提案させて頂くことが可能です。
主な特殊印刷・加工例

 

厳重な検査体制・管理体制を敷いており、Pマークはもちろんのこと、クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準「PCI-DSS」も取得しております。


また、「偽造防止はしたいがデザイン性は損ないたくない」といったご要望が多くありますが、有価証券印刷のエキスパートとして多くの実績を持つデザイナーが、偽造防止効果は維持しつつもデザイン性を兼ね備えて印象に残る製品をご提案いたします。地域振興券・商品券そのものだけでなく、セットする台紙や封筒までトータルでご提供可能です。

2D/3Dホログラム
製品のデザイン性を損なわずに、高度な偽造防止機能を発揮します。

 

10月に予定されている消費増税後を見据え、地域振興券や商品券の導入を検討されている地方自治体様、団体様なども多いと聞きます。
ご検討の際は是非、弊社へご相談ください。

 

 

【地域振興券・商品券に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

天皇陛下御即位記念乗車券
2019年5月28日

2019年5月1日、元号が「令和」へと変わり、多くの鉄道会社様から天皇陛下御即位を祝して記念乗車券・入場券が発売されました。

 

弊社は過去にも「天皇陛下御即位記念」、「皇太子御成婚記念」といった記念券の制作・製造をさせていただきましたが、この度も関東近郊の鉄道会社様を中心に多くの記念券の制作・製造をさせていただきました。

今回の制作にあたりご協力いただいた日本画家:髙橋 睦未氏/石原坂 文洋氏/水谷 栄希氏/神田 玲奈氏 

 

日本中が注目する国を挙げてのお祝い事であることから、素材として使用するイラストを実績のある日本画家の方に描き下ろし頂いたり、台紙や記念券本体に金箔などを多用したり、と品格のあるデザインを心がけております。

 

本年10月22日に行われる「即位礼正殿の儀」においても、多くの鉄道ファン・皇室ファンの方々が各社の記念券を心待ちにしているのではと思われます。
通常の記念券はもちろんのこと、このようなデザイン性・品質が特に求められる記念券については、是非弊社にご相談ください。

 

【記念券に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

IDカードのデザインから製造までワンストップで対応します
2019年4月16日

新年度が始まる春には、学生証や社員証など、IDカードの印刷をご検討されるお客様が多くいらっしゃいます。
弊社ではさまざまなカード印刷を取り扱っておりますが、なかでもお客様の大事な情報が記録されているIDカードなど、高いセキュリティを必要とする印刷を得意としております。

 

○カードのデザイン
弊社はプライバシーマークを取得しており、個人情報の含まれるカードの取り扱いには万全を期しておりますが、それだけでなく、IDカードのデザインから印刷まで一貫して承ることが可能です。

社員証のデザインは、企業の理念やポリシーをお客様や社員の皆様と共有する上で重要なものです。弊社では、IDカードからポスター、グッズ制作まで幅広い経験を持つ専属デザイナーが、コンセプトを伺ってデザインを一から起こすことが可能です。

可変のバーコードやQRコードなど様々なオプションを付けることも可能

 

 

○ICカード化への対応
IDカードのIC化はもはやスタンダードになりつつありますが、弊社でもFelica、Mifare、楽天EdyなどのICカード対応を行っております。
特に、セキュリティ性の高いFelicaは、企業や学校での入退室管理機能付き身分証として高い需要がございます。
⇒ICカードのご紹介ページへ

 

 

【カードに関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

「プリンタブルセンサーコード」で日本酒の海外輸送実証実験を行ないました
2019年3月19日

この度、弊社が参画しております「プリンタブルセンサーコード技術研究組合(以下PSC組合)」の実証実験を行いました。

 

日本酒を輸出する際、温度管理ができる特殊なシールを使って、輸送中の温度変化を観測する実証実験が、つくば市にある酒造会社の協力のもとで行われ、この様子はNHKでも放映されました。
日本酒は高温で保存すると味や風味が損なわれるおそれがあるので、適切な温度管理が必要となります。実験では、34度以上になると色が変わる特殊なインクを使用したシールを日本酒の瓶に貼付け、輸送後にシール表面のコードをスマホアプリで読み込んで、輸送中に気温がどのように変化したかを確認します。

この技術が実用化すれば、シールによって安価で手軽に日本酒の適正な温度管理ができるようになると期待されています。
この特殊なシールには、PSC組合の開発した技術が使われおり、弊社はその製造を担当させていただきました。

 

 

近年、物流において品質面での温度管理に対する意識が非常に高まっています。
今後とも是非、当組合の動向にご注目ください。

「鉄道ジャーナル」2019年4月号
2019年3月5日

2/21発売「鉄道ジャーナル」4月号に掲載されている、鉄道ライター・中西あきこさんの連載コラム ”されど鉄道文字PLUS” について、弊社が取材協力をさせていただきました。


駅表示や車両標記といった鉄道をめぐる文字を追い続け、「鉄道文字」の歴史や特徴について研究し、執筆されている中西あきこさんが今回テーマにした内容は「きっぷの活字」です。
きっぷの製造方法や、きっぷの券面に印刷されている文字の歴史など、鉄道ファンには大変興味深い内容となっています。

 

後日、取材された中西さんから感想をいただきました。
『壁面をびっしりと覆う文字。工場の一画に、活字が整然と並んでいます。時間をいただいて、この中からゴシック体の「円」を拾いました。
ようやく探しあてると、細い木枠の内側には、同じ漢字がいくつも重なっています。よく見ると、文字の縦横の比率やハネの形が、わずかに異なることに気づきます。活字の元となる字母や、製版後の印刷作業等により、同じ文字の中にも、形の違いが生まれることを知りました。その表情に触れて、時のたつのを忘れるほど見入りました。』

今回の取材により、創業以来私たちが関わり続けてきた「きっぷ印刷」の歴史的価値と、今後も引き継いでいかなければならないという責任を改めて再認識いたしました。

 

鉄道ジャーナル4月号は全国の書店で販売されています。
ぜひご覧ください。

「2/23-24 紙博&布博@京都」
2019年2月19日

弊社のデザインステーショナリーブランド「Kumpel(クンペル)」が昨年出店させていただきました

紙文具・紙雑貨ファンに大人気の「紙博in東京」ですが、

2/23-24に京都でも開催されることとなり、弊社も出店させていただくことになりました。

 

 

紙博&布博 公式サイト

http://kami-nuno.com/2019/

 

 

今回は、紙を素材とした作り手が集う「紙博」と

布をテーマにしたデザイナーや作り手が集う「布博」が

初の同時開催となり、見所が盛りだくさんのイベントです。

 

弊社にとって関東以外のイベントへの直接出店は初めてとなりますが、

今後もこのようなイベントに積極的に出店していきたいと考えておりますので、

催事のお話がございましたら、是非お声がけください。

 

 

 

【Kumpelの催事出店に関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社Kumpel担当

電話:03-5209-8220

メール:kumpel@yamaguchi-s-p.co.jp

「かわいい女子文具図鑑2019」の「いいもの100」に選ばれました
2019年2月14日

弊社プロデュースのデザインステーショナリーブランド「Kumpel(クンペル)」昨年リリースした「Fahrkarte Magnet」(きっぷマグネット)が、
本日2/14出版の「かわいい女子文具図鑑2019」(実務教育出版)において
「文具イベントで見つけたいいもの100」に選ばれ、紹介されました。

 

本製品は、創業以来弊社が受け継いできた活版印刷の技法を用いてつくった、
本格的な、だけどどこか可愛らしい雰囲気のある、きっぷ型のマグネットです。

 

具体的な駅名を入れた鉄道会社様とのコラボグッズをおつくりすることも可能ですので(既に複数社での実績もございます)、

 

ご関心のある方は是非お声がけ下さい。

 

【Kumpel に関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社Kumpel担当

電話:03-5209-8220

メール:kumpel@yamaguchi-s-p.co.jp

京浜急行バスマスコットキャラクター「けいまるくん」
2019年2月5日

2018年10月1日に営業開始15周年を迎えた京浜急行バス様に、マスコットキャラクター「けいまるくん」が誕生しました。
京浜急行バス様のご要望を踏まえながら、弊社にてデザインさせていただきました。

愛称については、1,600件以上の一般応募の中から「けいまるくん」に決まりました。

現在、「けいまるくんラッピングバス」が運行中ですが、こちらのデザインも弊社にて制作させていただきました。「けいまるくんラッピングバス」の街を走る姿が可愛らしいと、バスを利用するお客さまに大変好評のようです。

「けいまるくん」は、今後もさまざまなイベントにも登場していきますので、ぜひご期待ください。

弊社では、有価証券の製造に限らず、鉄道やバスなど交通にまつわるプロモーション全般のお手伝いも長年させていただいております。
ポスターやチラシ、グッズなどのデザイン・製造はもちろんのこと、キャラクター制作やロゴ制作などコーポレートブランディングに寄与するお仕事もさせていただきます。

 

キャラクター制作に関しては、関連する制作物をワンストップでお受けすることができますので、ブランドイメージの統一ができるほか、制作物ごとに発注先を探すお客様の手間を省くことができ、業務の効率化に繋げていただくことも可能です。
新たなキャラクター制作をお考えの際は、是非弊社にご相談ください。

 

【プロモーションに関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

2/1~8 Kumpel 期間限定ショップ@東京駅地下・動輪広場
2019年1月29日

昨年10月に東京駅グランスタ地下の動輪広場にて

Kumpelの期間限定ショップをオープンさせていただきましたが、

ご好評につき、2/1(金)より一週間、再度出店させていただくことになりました。

前回に引き続き、デザイン性と高級感あふれる紙雑貨ブランド「plus Orange」さんとのコラボショップです。

 

東京駅丸の内駅舎をテーマにしたステーショナリーなどのお土産・ギフト向け商品のほか、新商品もご用意しておりますので、是非お立ち寄りください。

 

なお、期間中はJR東日本様の「キン肉マンスタンプラリー」が開催されており、私たちのショップの隣に特設ゴールカウンターもあるようですので、
こちらもオススメです。

 

 

【Kumpel の催事出店に関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社Kumpel担当

電話:03-5209-8220

メール:kumpel@yamaguchi-s-p.co.jp

大型イベントで実証実験・実用開始「マルチタッチカード」
2019年1月15日

スマホにタッチするだけで様々なコンテンツが体験できる「マルチタッチカード」の本格的な導入に向け、大型イベントで実証実験が行われました。
「マルチタッチカード」はインターメディア研究所から技術提供された「静電容量コード技術」を使い、弊社が製造しております(詳しくはこちら)。

 

 

<秩父宮みなとラグビーまつり2018>
配布された「マルチタッチカード」でスマホにタッチすると、選手のプロフィールや動画を見ることができ、試合に出場している選手をより身近に感じることができます。また、カード表面には選手の写真が印刷されているので、ファンにとってコレクター性の高いアイテムとなり大変好評でした。

 

<第25回鉄道フェスティバル>
毎年、日比谷公園で開催される「鉄道フェスティバル」では、関東鉄道協会様が『第8回かんとうみんてつモバイルスタンプラリー』のPRイベントに合わせて来場者へ「マルチタッチカード」を配布されました。
スマホにタッチして見ることができるコンテンツには、フォトギャラリーと旅ガイドのほかに、スタンプラリーに参加できる仕組みが設定されています。

 

このように「マルチタッチカード」には、お客様のアイデア次第でさまざまなコンテンツを埋め込むことができます。
カードのデザインにも魅力的なコンテンツを使用して付加価値をつけていただき、販売促進などにおいても是非ご活用ください。

 

 

【マルチタッチカードに関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社営業部

電話:03-5209-8211

メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

各種催事への出店
2018年12月18日

2017年春に立ち上げたデザインステーショナリーブランド「Kumpel(クンペル)」は、この一年間、さまざまなイベントに出店させていただきました。

 

日頃からデザイン・製造のお手伝いをさせていただいている鉄道会社様などにお声がけいただき、主に鉄道にまつわるイベントに出店させていただきました。
また、そのデザイン性をご評価いただき、多くのアーティストが出展する大人気イベント「紙博」や「活版TOKYO」、「Type&(タイプアンド)」といった鉄道関係以外のイベントにも出店させていただきました。

 

会場では、昔ながらの硬いきっぷへの入鋏・ダッチング体験もご提供しており、お子様には新鮮でお年寄りには懐かしい、親子3世代でお楽しみいただけるようなブースづくりを心がけております。

 

2019年も、様々な催事に参加させていただき、きっぷ文化の魅力を広くお伝えしていきたいと考えておりますので、是非お気軽にお声がけください。

 

【催事出展に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社インセンクス事業部
電話:03-5209-8220
メール: kumpel@yamaguchi-s-p.co.jp

ブランドイメージを高める鉄道グッズ
2018年11月22日

春休みの行楽・イベントシーズンに向け、ノベルティやグッズ製作を検討中のご担当者さまも多いのではないでしょうか?
多くの鉄道会社さまが毎年リリースするノベルティやグッズは、どうしてもありきたりなもの、似たようなデザインになってしまいがちで、お悩みのご担当者さまもいらっしゃると思います。

 

創業以来携わってきた「鉄道」にまつわる弊社の製品は、そのデザイン性の高さと品質の良さには自信を持っております。
特に、2017年に立ち上げたデザインステーショナリーブランド「Kumpel」をはじめとした、由緒ある本物の硬券乗車券をモチーフにしたデザインの製品は、コアな鉄道ファンのみならず、「文具好き」「紙好き」「雑貨好き」「旅好き」など幅広い層の方々にご好評いただいております。

相模鉄道様:硬券乗車券用紙で作ったカレンダーを杉材の台木に立てかける、卓上カレンダー(写真上段左)。デザインは駅看板をモチーフにしたオリジナルデザイン/大井川鐵道様:「鉄道の日」イベントにてリリースした、きっぷをモチーフにした付箋(写真中央)・マグネット(写真中段右)・メモ帳(写真下段)/上田電鉄様:本物の硬券乗車券で作ったマグネット(写真中段左)/西武鉄道様:「52席の至福」オリジナルグッズとして製作したマグネット(写真中段左)・B6ノート/オレンジページ様:鉄道博物館オリジナルノート(写真上段中央)・付箋/オークコーポレーション様:鉄道博物館オリジナルスタンプ帳(写真上段右)

 

各鉄道会社さまの魅力を活かし、商品を手にとるエンドユーザーさまに喜んでいただけるような鉄道グッズのご提案を心掛けております。
単なる販促物としてではなく、ブランドイメージの向上効果を発揮する最適なツールとして、グッズを活用してはいかがでしょうか?

 

弊社には、紙製品のみならず、塩化ビニルから革加工の製品まで幅広いグッズ製作の実績がございます。
商品企画から量産までワンストップでのご対応が可能ですので、是非お気軽にご相談ください。

 

【鉄道グッズ製造に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

2019年鉄道博物館カレンダー
2018年11月6日

今年も鉄道ファン待望の鉄道博物館カレンダーが発売となりました。
2019年版は、撮影・デザイン・製造を一貫して弊社が手掛けさせていただきました。

 

本館リニューアル・新館オープンと、記念すべき節目となった本年を踏まえ、2019年カレンダーは、そこにいたる鉄道博物館の歴史と目的を、展示車両を通して紹介する構成です。
2019年カレンダーのテーマは、「原点回帰」となっており、新たに展示車両の写真を撮りおろし、大きな写真で展示車両そのものの魅力が伝わる、鉄道博物館ならではのカレンダーです。

 

毎月1両、その月にゆかりのある12両をピックアップし、その車両のあゆみや魅力を解説文・サブカットをまじえて紹介しています。
カレンダーとして使用していただいた後も、中央のミシン目に沿って切り取ると、上半分を写真集・資料集として末永くお楽しみいただける工夫を施しています。

 

鉄道博物館1FミュージアムショップTRAINIART(トレニアート)、TRAINIART アトレ秋葉原1などで販売中ですので、是非お手に取ってみてください。

 

弊社は、エンドユーザーが長く手元に残しておきたくなるような、デザイン性が高く高品質な鉄道グッズを制作することを心掛けております。
デザイン性や品質でお悩みの際は、是非お気軽にお問い合わせください。

 

【鉄道グッズ製造に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

伊豆箱根鉄道駿豆線 一日乗車券「旅助け」
2018年10月23日

駿豆線沿線には豊かな自然や名所・旧跡がたくさんあります。
沿線の至るところから、世界文化遺産に登録された富士山を眺めることができるので、電車を乗り継ぎ、四季折々の風景を楽しみながら、ゆっくり散策してみませんか?

 

駿豆線散策には、三島~修善寺間が乗り降り自由の一日乗車券「旅助け(たびだすけ)」が便利です。

観光地巡りやお買い物に便利なこの乗車券は、弊社でデザイン・製造をさせていただいております。
発売以来、沿線をご利用される皆様に愛され続けている「旅助け」は、三嶋大社の授与品『三嶋駒』をイメージしたデザインに、硬券乗車券用紙を使用し製造しております。

使用後は乗車記念としてそのままお持ち帰りができるので、日付の入った「旅助け」は、旅の思い出としてお客様のお手元に残していただけます。

 

弊社は、このような企画のコンセプトづくりの段階から、お手伝いさせていただいております。
是非、お気軽にご相談ください。

 

【きっぷに関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

10/6~19 Kumpel 期間限定ショップ@東京駅地下・動輪広場
2018年10月6日

きっぷをモチーフにしたデザインステーショナリーを展開する弊社ブランド
「Kumpel」が、東京駅地下(グランスタ)の動輪広場にて
期間限定ショップをオープンさせていただけることになりました。

 

期間中の10/6(土)~19(金)の2週間は、
東京・日本橋エリアの「てくてくきっぷ旅」が行われており、
Kumpel ショップのある動輪広場もきっぷ受け渡し場所となっていますので、
是非お立ち寄りください。
また、東京駅丸の内駅舎をテーマにした新商品も複数ご用意しております。

 

 

【Kumpel の催事出店に関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社Kumpel担当
電話:03-5209-8220
メール:kumpel@yamaguchi-s-p.co.jp

京王電鉄5000系 運行開始記念乗車券
2018年9月25日

親子で楽しみながら鉄道の仕組みを学び・触って・体験できることで多くの方に人気の電車・バス展示施設、京王れーるランドがこの秋で開業5周年を迎えます。
この開業5周年を記念して別館「京王れーるランドアネックス」がオープンするほか、さまざまな記念グッズやイベントが用意され、さらに10月13日(土)には去年華々しいデビューを飾った5000系車両がイベント列車として特別運行される予定です。

 

5000系車両と言えば、京王電鉄様にとって16年ぶりとなる新型車両で、スタイリッシュなデザインに加え、安全性や省エネ性能にも優れ、「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

 

弊社では「運行開始記念乗車券」のデザイン・製造をさせていただきましたが、新世代の美しい車両コンセプトにあわせたデザイン、特に車体をイメージしてシルバー箔を使用した台紙はご好評いただきました。

印字面の小さなきっぷ本体に比べ、台紙はデザインや情報量で自由度が高く、そのクオリティは記念券の人気に大きく影響します。
弊社では、きっぷをセットするだけのシンプルなものから、ケース入りの豪華なものまで、幅広い台紙に対応できます。台紙制作だけでも結構ですので、お気軽にお問合せください。

 

 

【きっぷに関するお問い合わせ】
山口証券印刷株式会社営業部
電話:03-5209-8211
メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

アイディアを素早くカタチに。試作・撮影ができる自社スタジオ
2018年9月18日

弊社では、お客様から製作物のご相談があった場合、アイディア出しやコンセプト設計などの上流工程でのお手伝いはもちろんのこと、それらを素早く具体的なカタチに落とし込み、よりお客様に納得いただけるご提案をできるよう心がけております。

 

そのために、経験豊富で多くの実績を持つアートディレクター・デザイナーが席をおく本社には、撮影セットや試作機を備えた自社スタジオを有し、迅速・柔軟に試作品を制作できる体制を整えております。

複雑な形状のカットや筋押しなどの加工が可能です

 

化粧箱やスリーブなどの立体的な試作品の制作も

 

また、自社工場を有していますので、試作品にご満足いただけた場合にはすぐに量産体制に入ることが可能です。
一部の大企業を除き、デザイン/試作/量産、といった各フェーズは通常分業されており、製品化までスムースにたどり着けないことが多々ありますが、弊社ではデザイン/試作/量産といった上流から下流までワンストップでサポートできますので、そのようなお悩みをお持ちの方は是非お気軽にご相談ください。

 

 

【お問い合わせ】
山口証券印刷株式会社 営業部
03-5209-8211
sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

弊社の携わるPSC組合が「JETRO Innovation Program」に採択されました。
2018年9月7日

この度、弊社が参画しております「プリンタブルセンサーコード技術研究組合(以下PSC組合)」が、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施している「JETRO Innovation Program(以下JIP)」に採択されました。

 

JIPは、イノベーティブな技術・製品と知的財産を有する中堅・中小企業の海外展開をハンズオンで一貫支援するプログラムです。

 

弊社が参画しておりますPSC組合は今年2月に設立され、インク技術、印刷技術、ソフトウェアに関する特許等を有する先進企業が知見を結集してラベル・パッケージ等に印刷可能な感温センサー(プリンタブルセンサーコード)の研究開発を進めています。

今後、JIPの枠組みの中で、シリコンバレー・深セン・ベルリンにおいて展示会出展やピッチングへの参加などを行っていく予定です。

 

引き続き、プリンタブルセンサーコードの実用化に向けて研究開発を進めて参りますので、今後とも、JIPPSC組合の動向にご注目ください。

 

 

JETROプレスリリース

https://www.jetro.go.jp/news/releases/2018/e23d3418af0bf30c.html

JIP Facebookページ

https://www.facebook.com/jetroinnovation/