03-5209-8211

News
ニュース

衛生的に保管できる「抗菌マスクケース」
2020年12月16日

近年、消費者の清潔・安全・予防志向が高まる中、マスクは必需品となっています。

弊社では、使用中のマスクを安全かつ衛生的に保管できる「抗菌マスクケース」のご提供を開始しました。

 

<抗菌マスクケースのメリット>
・ケースの表裏は「抗菌印刷」によりコーティングされるので、細菌の増殖を抑えることができます。
・インキ特有の臭いを抑えた抗菌・低臭です。

・紙製品なので静電気も起こりにくく、ホコリもよせつけません。

・防虫・防カビ・食中毒を防ぐ効果があるので、バッグの中に入れて、安心して持ち運びができます。
・耐磨性・撥水性のあるニスを使用し、耐久性があります。
・環境に配慮した紙素材なので処分に困りません。

弊社で抗菌印刷した製品には、「抗菌性」「安全性」「適正な表示」の3つの基準を満たした抗菌のシンボルマークとしておなじみの「SIAAマーク」を表示することができますので、消費者の皆さまにも安心して手に取っていただけます。

サンプルは、コストパフォーマンスが高い「使い捨てタイプ」と耐久性のある「長期使用タイプ」の2種類ご用意しております。
是非、お気軽にご相談ください。

 

【抗菌マスクケースに関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社営業部

電話:03-5209-8211

メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

安心して手に取れる抗菌効果の高いカード・グッズ
2020年10月7日

弊社では、近年高まりつつある消費者の清潔・安全・予防志向に応えるべく、UV抗菌インキによる「抗菌印刷」のご提供を開始しました。
「抗菌印刷」とは、印刷物の表面に抗菌剤をコーティングするもので、表面についた細菌の増殖を抑えることが可能です。

抗菌印刷に使用するインキは、SIAA(抗菌製品技術協議会)認定を取得しており、かつインキ特有の臭いを抑えた抗菌・低臭ものとなっています。

 

弊社で抗菌印刷した製品には、「抗菌性」「安全性」「適正な表示」の3つの基準を満たした抗菌のシンボルマークとしておなじみの「SIAAマーク」を表示することができますので、消費者の皆さまにも安心して手に取っていただけます。

 

窓口などで手渡しが行われる可能性のあるカード(ギフトカード、プリペイドカード、診察券、会員カードなど)や、マスクケースなどのグッズにご活用いただいてはいかがでしょうか。

是非お気軽にご相談ください。

 

 

【UV抗菌インキに関するお問い合わせ】

山口証券印刷株式会社営業部

電話:03-5209-8211

メール:sales1@yamaguchi-s-p.co.jp

ホームページに新たなコンテンツを追加しました
2020年5月28日

昨年末から展示会などでご案内させていただいている

新製品・新サービスについて追加しました。

 

パッケージに特殊コードを印刷することで、製品の真贋判定やトレーサビリティの確保が可能

真贋判定・トレーサビリティ

 

鉄道会社・バス会社様向けにワンストップで周年事業(創業・開業・開通記念)の企画・運営をサポート

周年事業サポート

 

QR決済ができる新しいデジタルギフト

QUOカードPay

 

内容についての詳細は、是非お気軽にお問い合わせください。

ソーシャルディスタンス 床サイン・ステッカーのご案内
2020年4月23日

新型コロナウイルス感染拡大抑止に向けて、山口証券印刷は啓発活動を実施します。

 

弊社が社員、パートナー、そして日頃お世話になっていますお客様に対して、今出来ることはないか?という思いから始まりました。

第一弾として、人と人との距離をとる「床サイン」「ステッカー」の告知デザインをご案内致します。

 

 

製品仕様

サイズ:W400mm×H200mm

素 材:長期用塩ビフィルム(フロア用滑り止めラミ加工)裏面片面粘着

価 格:1枚 @800 円

 

すぐにご発注いただけるデザインサンプルを多数ご用意しております。
ぜひ、弊社営業まで、ご相談ください。

 

今後も、感染拡大状況を注視しながら、弊社にできることを検討し、実施してまいります。新型コロナウイルスによる影響が一日でも早く収まることを願っております。

デザインを損なわない、製品の真贋判定・トレーサビリティ
2020年2月12日

昨今、海外市場をはじめとしてブランド品などの高価な品々の偽造品問題が後を絶ちません。その手口は巧妙でパッケージからでは判断がつかないものがほとんどだと言われます。

 

これまで様々な対策が採られてきましたが、従来の真贋判定(偽造防止)・トレーサビリティの方法は、ホログラム・彩紋模様・マイクロ文字・QRコード・PINコードなど、視認可能なものが主流です。これらは極力デザインに干渉しないよう配慮されているものの、どうしてもデザイン性を損なってしまうことが多く、パッケージデザインに重きを置いているブランド品には不向きです。

 

このたび弊社は、特殊印刷によりパッケージに埋め込まれた特殊コードを、流通過程において専用端末で読み取ることで、瞬時に製品の真贋判定や出荷元の証明が可能となるサービスを開始しました。

このコードは肉眼では見えないため、パッケージデザインを損なわず、またコード自体の偽造も困難です。また、流通過程で専用端末を使って検知する方式だけでなく、消費者自身がスマートフォンでQRコードを読み取ることで真贋判定できる方式も別途ご用意しております(システム協力:凸版印刷株式会社)。

 

これらの新サービスは、2/18(火)~21(金)開催の「パッケージ×デザイン展」(於:幕張メッセ)において展示・デモンストレーションを行いますので、是非お立ち寄りください。

 

弊社では、お客様の大切な「価値を守ること」に、これからも全力を尽くしてまいります。今後もお客様のニーズに応え、さまざまなご提案をしていきたいと考えておりますので、是非お気軽にご相談ください。